0

広重二代・豊国三代 / 観音霊験記 西国巡礼 第拾番 山城三室戸寺 山州綺田村農女

SKU: C23041
タグ: 妖怪   動物  
価格 ¥25,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 安政5年
サイズ : 大判
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : -

ディレクターコメント
観音経を信奉して殺生をしない娘は村人に捕まえられた蟹を助け、一方でその父も蛇に呑まれそうな蛙を救うため、娘をやるとの約束をした。
人に化けた蛇が約束通り娘を迎えに来ると、娘はお経を唱え、室戸寺に念じた。すると、かの蟹たちがたちまち現れ押し寄せるのであった。
経机の手前に香炉が転がり、線香からは煙が上がっている。蛇の来襲に娘が動転し切羽詰まった様子がよく描写されている。

『観音霊験記 西国巡礼』は、西国に点在する観音霊場を関連する逸話と共に描いたシリーズ。上部に寺の境内の図が、下部に霊験の逸話が描かれている。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1858
Size : O-ban
Impression : Good
Condition : Good
Detail : -

The gentle daughter, who believed in the Kannon Sutra and never killed, saved a crab caught by the villagers, while her father also promised to give the daughter to save a frog that was about to be swallowed by a snake.
When the snake who transformed into a man came for the daughter as promised, the daughter chanted sutras and prayed to Mimuroto-Ji Temple. Then, the crabs immediately appeared and began to swarm them and saved them.
An incense burner was lying in front of the sutra table, and smoke was rising from the incense sticks. The scene is well described as the daughter was upset and in a desperate situation because of the coming of the snake.

"Amazing Stories of Kannon Temples of Western Provinces" is a series of Kannon's sacred temples scattered throughout western provinces with related anecdotes. The upper picture depicts the temple, and the lower picture depicts anecdotes of spiritual experiences.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints