0

高橋 松亭 / 高井戸の夕立

SKU: C20253
タグ: 雨景  
価格 ¥65,000
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代: 大正13 - 昭和2年
サイズ : 大短冊
刷 : 優良
保存 : 良
詳細 : 少ヤケ

ディレクターコメント
激しい雨の中、人々が家屋の軒先を借りている。急な通り雨だったのか、皆困り顔である。
渡辺庄三郎は独立開業すると、松亭に作画を依頼して「新作版画」を制作した。松亭の新作版画は海外で人気を獲得して、継続してよく売れたようである。これらが基盤となり新版画が制作されるに至った。
大正12年の関東大震災までに大小合わせて500点以上の版画を制作したが、版木も版画も全て焼失してしまったため、それらは震災の後、改めて入念に制作された。


Information
Date : 1924 - 27
Size : O-tanzaku (38.8 × 17.3cm)
Impression : Very good
Condition : Good
Detail : Slight soiling

In the heavy rain, people are staying under the eaves of the house. The faces of the people look troubled, perhaps due to the sudden rain.
When Watanabe Shozaburo established his publishing company, firstly he asked Takahashi Shotei to create a design for Shinhanga, the new wave of Ukiyo-e. These prints became massively popular overseas, and the benefit became a foundation of creating the later well-known Shinhanga prints.
They had created more than 500 Shinhanga works until the great "Kanto" earthquake disaster in 1923. The terrible fires burned out the all printing blocks, however, they recreated them with their passions, elaborately.