0

SAITO Kiyoshi / WINTER IN AIZU (60)

SKU: C21297
Tag: Snow scene  
Price ¥450,000
Contact
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 昭和57年
サイズ : 46.4 × 60.2 ㎝
詳細 : 限定130 / 少マットヤケ

ディレクターコメント
齋藤清は1907年に会津に生まれ、4歳で北海道に移住。その地で母を亡くした。
小樽での看板店の経営を経て上京し、広告業をしつつ絵画を学んだ清は、会津を離れて26年がたった30歳の時、母の妹に会いに会津を訪れる。
その後、会津の風景の中に母と暮らした幼い頃の記憶を重ねるように、その土地の風景に魅せられていった。
多くの会津作品にはぽつりと人物の後ろ姿が描かれており、雪深く厳しい気候の土地に人々の生活が根ざし、ぬくもりが宿っているような印象を受ける。こんもりと雪の積もった会津は底冷えするような寒さだろうが、清の作品の中ではどこか優しい表情を見せている。

作品ページの見方とご購入ガイド



Information
Date : 1982
Size : 46.4 × 60.2 ㎝
Detail : ed. 130 / Slight mat line

Saito Kiyoshi was born in Aizu in 1907 and moved to Hokkaido when he was four years old. And he lost his mother there.
After managing a signboard store in Otaru, he moved to Tokyo, where he worked in advertising and studied painting.
At the age of 30, 26 years after leaving Aizu, he returned to Aizu to see his mother's sister.
After that, he became fascinated by the landscape of Aizu, as if he was overlapping his childhood memories of living there with his mother.
In many of his Aizu works, there is a back view of a person, which gives the impression that people's lives exist and warmth dwells in the land with deep snow and harsh climate. There is a gentle expression in Kiyoshi's artworks.

Shopping Guide & Information of the Japanese Prints