0

Helen Hyde / Arched Bridge at Kameido

SKU: C19249
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up the images.

作品
年代 : 大正3年
サイズ : 40.7 × 26 cm
刷 : 優良
保存 : 優良
詳細 : 雁皮刷

ディレクターコメント
ヘレン ハイドはアメリカのニューヨーク生まれで、1890 年にはヨーロッパへ渡りパリでラファエル・コランやフェリックス・レガメーに師事し、ジャポニズムの洗礼を受けた。その後、アーネスト・フェノロサの強い影響を受けて木版画を始め、1899 年に来日。翌年エミール・オルリックについて木版の技術を学び、バーナード・リーチからはエッチングの指導も受けている。
さらに、狩野友信から日本画をも学んだ。1900 年、木版画「日本の聖母」を版行し、これ以降、多くの木版画を制作。1908 年には専属の彫師、摺師を雇って、監修をしながら赤坂のアトリエで創作を行った。ハイドの木版画には、当時の日本風俗を西欧人の女性による視点から描いたものが多く、母と子や愛らしい子供を主題にした作品で大変好評を博した。1914 年に最終的に帰国するまで 10 年以上日本に滞在しており、パリのサロンにも入選するなど国際的に高い評価を受けている。


Information
Date : 1914
Size : 40.7 × 26 cm
Impression : Very good
Condition : Very good
Detail : Printed on Gampi paper

Helen Hyde was born in New York and had learned paintings from Raphael Collin and Félix Régamey. And later, she started creating woodblock printing works after affected by Ernest Francisco Fenollosa. She has also learned from Kano Tomonobu, a Japanese-painting painter.
In 1900, she created the woodblock work "Holy mother of Japan" and later created a lot of printing works.
From 1908, she employed engravers and printers for creating her own works, and directed print works at the atelier in Akasaka.
We can see a warm gaze of the western woman's eyes against Japanese cultures. She had spent 10 years in Japan.