0

Yoshitoshi / Emperor Go-Daigo, Short Illustrated History of Great Japan

SKU: C18180
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
If you double-tap on the image, it will be zoomed up.

作品
年代: 明治13年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ / マージンに小穴

ディレクターコメント
芳年(天保10-明治25年)は、幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師。
多種多様な浮世絵を手がけ、各分野において独特の画風を見せる。明治期において最も成功した浮世絵師であり、門下からは日本画や洋画で活躍する画家を多く輩出した芳年は、「最後の浮世絵師」と評価されることもある。
また、芳年は芥川龍之介、谷崎潤一郎、三島由紀夫、江戸川乱歩など、文人たちにも愛された。
精神を病みながら創作をつづけた芳年の鬼気迫る芳年の情念がこもった究極の美は、世界中で人気が高い。

燃え盛る城から命からがら逃げ出したのは、後醍醐天皇とその側近である藤原藤房。
鎌倉幕府討伐を企てたことが露見し、幕府から追われる身となった後醍醐天皇は笠置山(かさぎやま)に篭城するも、鎌倉幕府の圧倒的な戦力に抗えず落城、捕らえられ隠岐に流される。
火を片手にすぐ後ろに迫るのは追手だろうか。躍動感のある描写に引き込まれる1枚である。


Information
Date : 1880
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning / Small holes on margin