0

ToyokuniⅢ / Tsukamoto-Gitsune, Chieda-Kitsune, Uji Hyobunosuke, and Tatsunami Goro, from a Scene of Kabuki

SKU: C18048
Tag: Monster  
Price ¥46,000
Contact
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
If you double-tap on the image, it will be zoomed up.

作品
年代 : 嘉永3年
サイズ : 大判3枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 少汚れ

ディレクターコメント
豊国三代は豊国の門人で国貞と名乗った。天保15年豊国二代を称した。(実際には豊国三代)作画期が長く、その作品の量も膨大なものになっている。特に役者絵・美人画等の人物の描写に定評があり、当時の浮世絵界を風靡するほどの勢いと力を持っていた。

この二人は実は狐の夫婦で、鼓の皮にされた親狐を慕いやって来た塚本狐と千枝狐である。


Information
Date : 1850
Size : O-ban / Triptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Slight browning

Kunisada (1786 – 1865), also known as Toyokuni III, was the most popular, prolific, and commercially successful artist of ukiyo-e woodblock prints in 19th-century Japan. In his own time, his reputation far exceeded that of his contemporaries, Hokusai, Hiroshige, and Kuniyoshi.