0

Toyonobu / Burning Incense at Daitokuji Temple, Newly Selected Biography of Taiko Hideyoshi

SKU: C11209
Price ¥15,000
Contact
スマートフォンのお客様は画像上でダブルタップすると拡大画像をご覧いただけます。
Please double-tap on the image to zoom up images.

作品
年代 : 明治16年
サイズ : 大判2枚続
刷 : 良
保存 : 良
詳細 : 裏打 / 二枚貼合わせ

ディレクターコメント
豊宣は、二代目歌川国久の長男であり、武者絵を多く制作した。

大徳寺で信長の葬儀を行った際、焼香の順番が論議され、柴田勝家は信長の次男信雄と三男信孝を焼香の席に着かせた。すると帷幕の内より「信雄信孝の焼香、しばらく待れ候へ」と大音声をあげ、秀吉が三法師を抱いて現れ三法師の君こそ、まず焼香をすべきと言い、信雄と信孝の非力を罵った。勝家は怒ったが、秀吉の伏兵が寺を取り囲んでいることを知り、返答することもできなかった。秀吉は三法師の名代として最初に焼香を行った。


Information
Date : 1883
Size : O-ban / Diptych
Impression : Good
Condition : Good
Detail : Backed / Joined together

Toyonobu is the son of KunihisaⅡ and created various warrior prints.